· 

愛知県公立高校入試 Bグループ対策

愛知県公立高校Bグループの入試まで後2日。

 

後2日しか無いと思うか、まだ2日もあると思うか・・・

 

 

今日、塾に勉強に来た生徒たちには、残り2日でできることを具体的に伝えて、その半分である今日を無駄に過ごさないようにしてもらいました。

 

 

残り2日できること、すべきことは、正直生徒一人ひとりで違います。

 

 

自分に近いものがあれば参考にしてもらいたいと思います。

 

1.時間配分を見直し、過去問で練習してみる

 

Aグループの本番を終えた生徒の中に、「時間が足りなかった・・・」という生徒が何人もいました。

入試形式の問題や、過去問などで、時間を意識して解いてもらってきたにもかかわらず、本番では、余裕がなくなり、時間管理ができなくなってしまったようです。

 

そこで、時間が足りなかった教科に関しては、思い切って問題を解く順序を変えてみることをオススメします。

 

国語なら、最後の古文・漢文はさほど時間がかからずに解ける問題であり、ここで4点の配点があります。また、途中の漢字も、3点分配点があります。

これらを5~10分で先に解き、残り時間で、2問ある長文の問題に挑戦しましょう。

 

数学であれば、目標点が15~18点の生徒であれば、大問3のラスト2問は最初から解かないと決め、残り時間を見直しに使うのも作戦の一つです。

 

英語は、大問3の会話文のほうが解きやすいので、大問3→大問2(長文)→大問1(英作文)のように逆から解いていくと、時間に追われず、解けると思います。

 

 

2.理科の問題を予想してみる。

 

過去問を何年分か解いた生徒であれば、Aグループで出題された分野がBグループでほぼ出ないことは知っていると思います。

Bグループでは、何が出るか、過去問を眺めながら、自分で予想してみると、問題の傾向が見えてきて、勉強すべき場所も明確になると思います。

 

ちなみに、私の予想は以下のとおりです。

 

物理:運動・力学的エネルギーと、光・音

化学:イオン・気体の種類

生物:動物の分類・生物のつながり・人体(消化・循環)

地学:火山・地層・地震・天気

 

3.Aグループの自己採点結果と過去問を比較し、取れなかった教科に時間を使う

 

今回は、理科の難易度が上がったため、理科が足を引っ張った生徒も多いと思います。しかし、それ以外の教科でも、過去問の得点と比べて点が取れていない教科が無いか、改めて確認し、1~2点でも下がっているようなら、その教科の勉強時間を思い切って増やしておきましょう。

 

 

Bグループの入試まで、まだ明日丸一日残っています。

 

最後の1日をどう使うか、朝じっくり計画を立て、無駄のないように過ごしましょう。

 

そして、夜更かしをすること無く、早く寝て、試験当日に早起きするようにしましょう。

 

試験当時の休憩時間に、どの本を読むか。お昼休みの時間をどう過ごすかなども、事前に考えておくと良いかと思います。

 

最後の最後まで諦めること無く、1点でも多く得点が取れるよう、努力し続けてくださいね!

 

 

 

セルモ日進西小学校前教室の口コミ一覧です!

 

生徒、保護者のリアルな声が投稿されていますので、ぜひご一読ください!

ご連絡、ご質問は、以下のフォームからお気軽にお問い合わせください。

 

 

頂いた個人情報は、回答以外には利用いたしません。

メモ: * は入力必須項目です

お問い合わせ

TEL: 052-717-0394

月曜日~金曜日
15:00~22:00

 

お問合わせはこちらから

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む

2019年

4月

12日

高校2年生たち

続きを読む

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む

2019年

4月

12日

高校2年生たち

続きを読む