· 

塾の先生が出版!『小学生のうちに身に付けたい「勉強」のキホン』保護者の方にオススメです!

 

今日は、愛知県公立高校入試 Bグループの学力検査でした。

 

Aグループの理科に打ちのめされた生徒のために、おととい、Bグループの理科の問題を予想したしました。

 

物理:運動・力学的エネルギーと、・音

化学:イオン・気体の種類

生物:動物の分類・生物のつながり・人体(消化・循環)

地学:火山・地層・地震・天気

 

上記予想の中で、今日出題されたのは赤字の分野です。

 

とはいえ、地層の問題に、火山岩の特徴を入れたり、水溶液の性質とイオンを同時にだしたりされてたので、出るとわかっていても簡単では無かったですね。

 

国語は難易度が低く、平均点が高めになりそうですが、数学は、思考力を問うものが多く、愛知県の過去問だけだと、似たパターンの問題が少なく苦労したかもしれません。

 

全体を通しては、国語の影響が大きく、Aグループの得点よりは高めに取れた生徒が多かったと思います。

 

去年は、Aグループのほうが3点近くも平均が高かったのに対し、今年は逆にBグループのほうが平均が高くなるのではと予想します。

 

結果、Aグループのボーダーラインは下がり、Bグループのボーダーラインは上がることが予想されますね。

 

あくまで、予想なので、自己採点した結果で諦めること無く、明日の面接でもしっかり自己アピールをして、19日の合格発表を待ちましょう。

 

 

 

さて、受験生たちが、自己採点に来てくれるのを待っている間に、親しくさせていただいている塾Blog仲間のさくら個別の國立先生が出版された本が手元に届きました。

 

愛知県で知り合いの塾の先生が本を出版されるのはこれで2例目です!

 

國立先生のBlogで書かれていた中学生向けの勉強法を上手にアレンジして、小学生の保護者向けのメッセージとして書かれています。

 

このあたりは、出版が決まってから本になるまでの経緯もBlogで公開されており、なるほど、あのやりとりがこんな形で本になるんだなと、メイキング編と一緒に楽しめました。

 

 

ちょうど、今日、中学生の体験授業があったので、保護者の方に、この本を読んでもらいました。

 

5章の親が心がけたい学習サポートを読んでもらったら、うんうんとうなずきながらじっくりと読まれていましたね。

 

聞けば、「下の子には、この本にあるように、うまく勉強習慣をつけてあげられたのですが、残念ながら上の子のとき・・・」とのことでした。

 

家庭での学習習慣のサポートは、特に中学生になってからは、なかなか習慣化が難しいものです。

 

本にあるように、小学校の頃から「我が家のルール」として厳格に決めておくと、中学でも無理なく勉強習慣を継続できると思います。

 

 

他にも、中学生や、保護者の方に読んでいただきたい内容がてんこ盛り!(笑)

 

ウチの塾、新小6が多くいるので、中学に上る前に是非読んで欲しい1冊です!

 

保護者の方にプレゼントしちゃおっかな(笑)

セルモ日進西小学校前教室の口コミ一覧です!

 

生徒、保護者のリアルな声が投稿されていますので、ぜひご一読ください!

ご連絡、ご質問は、以下のフォームからお気軽にお問い合わせください。

 

 

頂いた個人情報は、回答以外には利用いたしません。

メモ: * は入力必須項目です

お問い合わせ

TEL: 052-717-0394

月曜日~金曜日
15:00~22:00

 

お問合わせはこちらから

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む

2019年

4月

12日

高校2年生たち

続きを読む

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む

2019年

4月

12日

高校2年生たち

続きを読む