· 

関係代名詞での”a”と”the”の使い分けについて

昨日、生徒が学校からもらったプリントを見てて、おや?って思ったことがありました。

This is a movie (which) makes people happy.
関係代名詞を習うと、こういった先行詞をみて、関係代名詞を選ぶ問題が多くでます。

でも、自分が疑問に思ったのは、冠詞が”a”になってたこと。

(ほらほら)この映画、これはみんなをハッピーにする映画だよ!って感じで話すとき、この映画って一つに限定されていますよね。だから、”the”のほうがしっくり来ると考えました。

今日は、ちょうど市民向け中級英会話講座の日で、内容がまさに「冠詞」についてでした。

英語で、定冠詞不定冠詞の使い分け、具体的な例を上げての説明があり、たとえ話の中で初めて出てくる言葉でも、後ろから限定の修飾がされていれば”the”を使うよう説明がありました。

I met a man yesterday. The man knows you.
昨日男の人にあった。(この時点で聴き手は誰だか限定できないから"a")
その人は君を知っていたよ(昨日あった人と限定できるから"the")

これを1文につなげると
The man I met yesterday knows you.
いきなりThe manとなるが、直後に限定する修飾句となる I met yesterday が繋がるためthe manで正解

 

じゃ、This is a movie which makes people happy.も後ろから限定してるから"the"?って聴いてみたら、No!って

あれれ?って詳しく聞くと、人々をハッピーにする映画は他にもあるでしょって。
これは、
人々をハッピーにする映画(のひとつ)です。って感じのニュアンスかな。

逆に
This is the movie which makes people happy.ってやると、これこそが人々をハッピーにする映画だ!ってえらく大げさになるよって。(笑)
(その用途で使うときは、発音が”ザ”ではなく、”ジ”になるから注意)

なるほど、納得でした。

関係代名詞を選ぶのも大切だけど、先行詞の冠詞が”a”なのか”the”なのかも実は大きな意味を持っています。

自分も一緒になって学び、なるほどと思った時は、それをそのまま生徒にも伝える。
時には間違えるけど、それも、学びのきっかけだと思っています。

間違えたほうが、覚えるし、より理解できますからね。

お問い合わせ

TEL: 052-717-0394

月曜日~金曜日
15:00~22:00

 

お問合わせはこちらから

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む