· 

手作り立体教材

中学1年生が、数学の空間図形(立体)で苦労していると思ったら、今度は社会の等高線から、立体がイメージできないとのお悩みが。

 

ネットを探したらあるもんですね。手作りでの等高線の立体モデルの作り方を見つけました。

 

材料は、お弁当のフタ7枚、以上!(笑)
サクッと作ってみたところ、生徒にも、Facebookでも大好評でした!

実物は結構立体感がでているのですが、写真だとどこまで伝わるかな~

続いては、立体のカットモデル

 

立体の一部を図のように切り取った時の体積や、面積、面と辺の位置関係などが問題にありますが、これも、なかなか平面図から立体が想像できない子が多く、解説用にこんなカットモデルを作りました。

 

材料は、激落ちくん 以上!(笑)

激落ちくん、カッターナイフで簡単に切れるし、安いので失敗しても気にならないし(失敗作は机の掃除に使えますしね)なかなか便利です。

特に、この写真のような角を切り取った立体は、直角三角形を底面にすれば、直角が集まっているので、体積を計算するのはとても簡単なのですが、切り取った面を底面に置いてしまうと、どうやって解いていいかわからなくなってしまうという罠が仕組まれた図形なので注意が必要ですね。

 

最後は、正多面体、全員集合です。

すべての辺の長さを等しくして作ることができる正多面体は、ここにある5つのみです。

どれも非常に美しい形なので、実際に手にとって、いろいろな角度から見て欲しいと思い、ペーパークラフトで作ってみました。

セルモでは、普段はパソコンを使ったデジタルな授業が中心ですが、生徒の五感を刺激したいので、こういったアナログな部分も大切にしています。

ご家庭でも、たまには生徒と一緒にこういった工作を行ってみてはいかがでしょうか。
お父さんが活躍できて、株もあがりますよ(笑)

お問い合わせ

TEL: 052-717-0394

月曜日~金曜日
15:00~22:00

 

お問合わせはこちらから

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む