· 

さっぱりとした味って英語では?

昨日一日お休みを頂いて、お昼は、アメリカから帰国中の友人家族と一緒に食事に行き、その後、洋楽カラオケでたっぷりと英語の歌を歌ってきました。

 

お昼に一緒だった友人家族とは、自分が東京に単身赴任中に知り合った楽器仲間で、もう何十年も海外に滞在していますが、毎年、夏休みなどを利用して東京に戻ってきています。

 

今回は、日本滞在中に関西方面に行った帰りに途中下車で、名古屋を訪れてくれたものでした。

柏での記念演奏会であって以来なので、4年ぶりかな。お子さんも大きくなっていました。

 

家族のリクエストで、うなぎ(ひつまぶし)が食べたいとの事でしたが、お盆の3連休に有名店は行列が必至だったので、栄にあるマイナーだけどでそこそこ味のお店をさがしてお連れしました。

 

食事を待つ間や、食事の間も、アメリカの教育事情について質問したり、バイリンガルを育てることの難しさなどを聞けたりして、いろいろ勉強になりました。

 

食後、オアシス21に美味しいかき氷があったのでみんなで食べている時のこと。

 

 

お子さんが選んだシロップが「さっぱり桃」でした。シロップにありがちな強烈な甘さがなく、かき氷と合わせて、本当にさっぱりできる味でした。

 

 

「ところで、英語でさっぱりってどう言うの?」って質問したら、ほぼネイティブの3人とも??って表情に。

 

「英語には、さっぱりした味って表現は無いかな~」って。

 

確かに、アメリカの食文化は、全てがこれでもか!っていうぐらい濃厚な味(笑)

さっぱりな味つけだと、全然物足りなくて、クレームになるだろうねって。

そういう意味で、そういう味付けがないんだから、単語も無い(ほとんど使わない)だろうね。って。

 

Not so sweetとか、light taste、refreshing tasteなんて言い方もできるんだろうけど、「さっぱりした甘さ」とはちょっと違うかなと。

 

このあたり、言葉は、文化とつながっているので、英語をしっかり勉強するには、アメリカの文化の理解も必要ってことですね。

 

そうそう、アメリカの文化を理解するのに手っ取り早いのが、英語ができるようになるにはでご紹介した「Reading farm」です。

セルモでの多くの生徒がこのReading Farmを読んでくれていますが、この本の中には今のアメリカの学校や家、遊びなどがリアルに出てくるので、英語の勉強だけでなく、アメリカの文化についても学ぶことができます。

 

もし英語を学び直したいと思った方がいたら、ぜひこちらから、登録してみてください!

初月は無料で、翌月から980円/月で1000冊ものレベル別の洋書が、ネイティブの朗読音声つきで読み放題ですよ!

 

お問い合わせ

TEL: 052-717-0394

月曜日~金曜日
15:00~22:00

 

お問合わせはこちらから

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む

2019年

4月

12日

高校2年生たち

続きを読む

2019年

4月

08日

高校の入学式

続きを読む

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む

2019年

4月

12日

高校2年生たち

続きを読む

2019年

4月

08日

高校の入学式

続きを読む