· 

先に生まれただけの僕 第4話より

先日も取り上げたドラマ「先に生まれただけの僕」第4話を録画で見ました。


いや~、どんどん面白くなってきています!

これまでのこのドラマに関しての感想はこちら

ドラマに見る私立高校の現状

なぜ勉強しなきゃいけないのか

 

今回は、アクティブラーニングが色々な教科で一気に使われましたね。

 

今まさにリアルな高校でも、このアクティブラーニングをどうやってうまく使うかを先生方が試行錯誤しているところです。

 

ドラマを見ててもわかると思いますが、圧倒的にアクティブラーニングの方が、主体的に授業に参加できます。
ただ、知識の伝達の部分が不要になったわけではないので、その部分は、映像授業を自宅で予習してくる反転授業と組み合わせるなどする必要があるかと思います。


今回は、このアクティブラーニングが主なテーマかと思いきや、高3生の不満が爆発し、校長が高3生の前で「先に生まれただけ」の人生の先輩として、生徒たちに語り掛けます。

この語りが最高でしたね。


この先社会に出て、公平なんてありえない。
いろいろ理不尽なことがおきるだろうが、それは覚悟してほしい。
ただし、命を懸けてまでその理不尽さと立ち向かう必要はない、どこまでなら立ち向かえるのか、どれくらいなら逃げた方がいいか、個々での線引きができるようにしてほしい。

また、大学を目指す高校生に、はっきりと、君たちの目指す大学のレベルでは、就職に有利とはいえない。だからこそ、人間力を鍛えて欲しい。
それには、いろんな人と直接ぶつかって語り合って色々なことを実際に体験してほしい。

 

そう、まさに、先に生まれただけ」の人生の先輩として、社会を経験した人だから語れる内容でした。
そして、これらは、普段、私が生徒たちに語ってあげている内容そのものでした。

 

しかし、残念ながらこの辺りの話を学校の先生が語ろうとしても、自分がリアルに体験していないので、なかなか伝わらないと思うんですよね。

でも、自分のように、社会人経験が長く、日本企業だけでなく、外資系での経験もある人間だからこそ、さまざまなリアルな経験談を語ってあげることができるし、生徒にも伝わると思っています。

外資企業の給与は本当に高いのか、でも現実はその給与と引き換えにどういった厳しさがあるのか。
日本企業のいいところ、悪いところは具体的にはどんなところか。
企業は、どんな人を欲しがっているのか、などなど

 


これからの塾は、単に学力を上げるだけでなく、こういった世の中に出てからの事も教えてもらえる塾が生き残っていけるのではないかと思っています。


子供たちには、遠慮なく社会の仕組みを伝えた上で、どういう未来を選ぶのかを決めてもらいたいですからね。

11月には期末テスト対策講座を行います。

 

現在、このブログの読者と、地域情報誌Sun+Go Clubの読者限定でわずか500円100時間以上のテスト対策が受け放題の申し込み受け付け中です!

 

詳しくは地域情報誌Sun+Go Clubを御覧ください!

 

こちらのBlogでもご紹介しております!


お気軽にお電話でご連絡ください(LINE電話からだと無料ですよ!)

 

残りわずかとなってきております!
お早めにご連絡ください! 

 

☎052-717-0394
お電話お待ちしてます!

友だち追加

お問い合わせ

TEL: 052-717-0394

月曜日~金曜日
15:00~22:00

 

お問合わせはこちらから

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む