· 

英検の勉強方法

1月の英検に向けて、どんな勉強をすればいいのかとのご質問をメッセージでいただきましたので、こちらで回答を共有させて頂きますね。

 

英検対策は、とにかく単語です!

 

 

ただ、中学生の場合、単語の勉強というと直ぐにスペルを書いて覚えようとしますが、英検の場合、そんな必要は全くありません!

 

英検では、スペルを聞かれることは全く無いので、書ける必要はありません。

 

その代わり、読めること(リスニング、面接で必要です!)、意味が直ぐに頭に浮かぶ事の2点が大切です。

 

しかも、学校の教科書で習っていない単語も多く出ますので、学校の英語のテストの点数が高いからと安心していると、知らない単語を見て、おろおろしてしまいます。

 

英検の単語の勉強は、大学入試の英単語の勉強と同じやり方でOKです。

 

具体的には、こんな感じで覚えていきます。

今回は、でる順パス単を使います。

 

経験上、英検の英単語を覚えるには、これが一番だと思っています。

 

見開き1ページに17~18個の単語が並んでいます。

まずは、この見開き分をしっかり声に出して読んでイッキに覚えます。

 

頑張って数分で覚えましょう!

 

覚えた!と思ったら即テストです。

 

付属の赤シートで訳を隠して、上から数秒ごとにずらしていき、その数秒に読みと意味が出てこなかったらアウト! その単語のNoをメモに書き留めましょう。

 

見開きの場合は、このアウトの単語が0個になるまで続けます。

 

3~4回もやれば覚えれると思いますよ。

 

そうやって、見開きページ毎に勧めていきますが、見開き5回分(90単語程度)まで覚えたら通しテストを行います。

 

通しテストで間違いが0になったら残りの見開きページを覚えましょう。

 

でる順パス単の場合、でる順A 動詞で158単語、でる順A 名詞が158単語、でる順A 形容詞、副詞が89単語なので、動詞、名詞が通しテスト2回、形容詞、副詞は、通しテスト1回で終わる感じですね。


こんな感じで、20単語程度をひとまとめに覚え、90~100単語程度で通しテストを行い、全部覚えているかのチェックを行うと、しんどいですが、直ぐに頭に詰め込むことが出来ます。

 

ただ、こういった覚え方は、直ぐに忘れてしまうので、リーディングファームや問題集、過去問などを解いて、覚えた単語がちゃんと使える状態かどうか確認しましょう。

 

覚えた後、問題集などで見て思い出せると、それでまた、記憶の定着がおきますからね。

 

でる順パス単の場合、単語編のでる度Aは完璧に、でる度Bは一通り覚えること、でる度Cは時間があれば覚える、間に合わなければ目を通しておくだけでも良いかと思います。

 

 

 

英検は、とにかく単語が命です!

 

直前からの勉強では、焦りもでるので、時間があるときを見つけて、コツコツと繰り返し何度も覚えるようにしていきましょう!

 

 

セルモ日進西小学校前教室では、英検3級、4級に対しては、ヒューマンアカデミーの英検対策講座を2ヶ月で5,600円(2回のオンライン、マンツーマンレッスン付き)で募集しています。

 

また、リーディングや、リスニング対策に有効なリーディングファームも教室で受講可能です。

 

準2級、2級については、個別に対策講座を行います。

 

お気軽にお電話でご連絡ください(LINE電話からだと無料ですよ!)

 

☎052-717-0394
お電話お待ちしてます!

友だち追加

 

 

ご質問、ご相談は、以下のフォームからお気軽にお問い合わせください。

 

頂いた個人情報は、回答以外には利用いたしません。

メモ: * は入力必須項目です

お問い合わせ

TEL: 052-717-0394

月曜日~金曜日
15:00~22:00

 

お問合わせはこちらから

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む