· 

英語の早期教育の効果

2020年から、小学校の英語が変わります。

 

具体的には、これまで、小5~小6でやっていた英語が、小3~小4に前倒しになります。

そして、小5~小6の英語は「教科」となり成績がつくようにかわります。

 

ここ、セルモ日進西小学校前教室でも、この流れを受け、小学生向けの英語コースの充実を図っています。

 

基本はセルモのPCシステムを使い、イラストとネイティブの発音とを組み合わせて、英単語を覚えてもらいます。

 

加えて、リーディングファームを利用し、ネイティブの朗読で英語の絵本を数多く読んでもらいます。

 

さらに、Skypeを使ったオンライン英会話で、ネイティブとマンツーマンで25分の英会話ができる英会話コースもご用意しています。

 

これらを小学低学年から始めることで、英語独特の「音」(日本語にない発音)に慣れ、聞き分けたり、真似をしての発音ができるようになります。

 

また、リーディングファームにより、USの子供たちと同じ本に触れることで、今の生きた英語の表現を数多く耳にすることができます。

 

そして、オンライン英会話により、自分の話す英語が外国人に通じるんだ!という自信をつけてもらえます。

 

 

ただ、小学校の間は、あくまで英語に慣れ親しむ期間だと割り切った方が良いと思います。

 

文法などは、中学に入ってからで十分ですし、逆に小学校から文法について意識しすぎると、英語が難しくつまらないものと感じてしまう危険があります。

 

 

私個人としては、英語を早期に始めることで得られるメリットである「聞き慣れる耳」や「発音」などは、あくまでおまけだと思っています。

 

英語教育の早期化によって子供たちが得る本当のメリットは、早い時期から英語に接することにより、「英語って楽しい」「英語が話せたらカッコいい」「外国人と話してみたい」という気持ちを子どもたち自身が、早い段階で感じることだと思います。

 

昨日の小学2年生の子も、他の小学生も、みんな、英語は楽しい!と言ってくれています。

 

その気持を持ったまま、中学に入ることが一番大切なことだと私は思っています。

 

来春からの新規入塾生を募集いたします。

 

このブログの読者限定で、今入塾頂くと、1月~3月の期間は半額の月謝で通って頂けるキャンペーンを実施中です。(オンライン英会話は除く)

 

オンライン英会話は、マンツーマンで25分たっぷり英語が話せます。

学習塾で学ぶので、学校で学ぶ英語と、ネイティブから学ぶ英会話のいいところどりがわずか月1万円で学べます!

 

特に小学6年生は、中学入学前にしっかり復習して、できれば中学の先取りをしておきましょう!


詳細はお気軽にお問い合わせください。


お気軽にお電話でご連絡ください(LINE電話からだと無料ですよ!)

 

お早めにご連絡ください! 

 

☎052-717-0394
お電話お待ちしてます!

友だち追加

メモ: * は入力必須項目です

お問い合わせ

TEL: 052-717-0394

月曜日~金曜日
15:00~22:00

 

お問合わせはこちらから

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む