· 

大会の規則と試験の採点基準

 

今日は、ワールドカップ グループリーグの最終戦、日本VSポーランドの試合ですね。

 

ここまで、いい意味で予想を裏切って、グループ1位で最終戦を迎えた日本。凄いですね!

 

おかげで、決勝トーナメント進出の条件は、2002年のW杯以来の「負けても可能性あり」というとても有利な状況で試合に臨めます。

 

 

2002年のW杯は、韓国との共催ではあったものの、日本で初めてW杯が開かれた大会でした。

 

懐かしいですね。

 

’94年のいわゆるドーハの悲劇で、出場を逃したアメリカ大会。

’98年のジョホールバルの歓喜で、W杯初出場を果たしたものの、グループリーグ全敗(唯一の見せ場は、ゴン中山のW杯日本人初得点のシーンだけでした)

 

そして、ホスト国として予選免除で迎えた本選のグループリーグ。

 

いきなりの快進撃で、今回と同じく勝ち点4の首位で第3戦を迎えた日本の試合は、確か平日の昼間だった記憶があります。

 

当時勤務していたマイクロソフトの名古屋にあるオフィスの会議室で、同僚らと仕事そっちのけで、観戦していた記憶があります。

 

 

その時も、勝つか引き分けなら自力で決勝トーナメント進出だけど、もし負けたとしても、1点差なら他会場の結果が引き分けじゃなければ進出できるという、今回と同じような状況でした。

 

 

その当時も、TVや、新聞などで、一生懸命に場合分けをして、日本の決勝トーナメント進出の条件を解説していたのを思い出します。

 

 

 

 

今回も2002年と似た状況で、2戦目を終わって、勝ち点4で、グループリーグ1位で最終戦を迎え、勝ちか引き分けならその時点で、決勝トーナメント進出決定。

 

もし負けた場合が、複雑です。

 

他会場で同時開催の、セネガルーコロンビア戦の結果次第で次の3つに場合分けされます。

 

1.セネガル勝利  →  日本は決勝トーナメント進出!

2.コロンビア勝利 →  日本の負け方、セネガルの負け方でさらに場合分け

          (1)第3戦の得失点差が小さい方が決勝トーナメント進出!

          (2)第3戦の得失点差が同じの場合

             フェアプレーポイントの高い方が決勝トーナメント進出

3.引き分け    →  グループリーグ敗退

 

 

 

もし条件が~なら、A そうでなければ、B というのは、まるでプログラミングのようです。

 

実際、こういった複雑な条件を正しく理解できるには、ルールや規約を正しく読み取り、それを論理的に考える力が必要です。

 

男の子の多くは論理的な思考が得意なので、今回のような複雑な条件でも正しく理解して、試合途中に、今の条件だど、決勝トーナメント進出できそうだ、とか、先制されたから、他会場が引き分けのままじゃ日本は決勝に行けない!どっちかのチーム早く点を取って!とか、考えながら楽しむことができます。

 

 

そして、こうした大会の規則、規約は、事前に広く公開され、その情報をもとに、チームも、観客も作戦を練ることができます。

 

今回の大会では、フェアプレーポイントという耳慣れない言葉が出てきました。

警告のカードを受けた回数をポイントにし、少ない方が上位という考え方です。

 

こういった、新しいルール、規則などは、実際に使われるまでは意外に知られていないものだったりしますね。

 

今回は、日本とセネガルが同じ得失点差で負けた場合、このフェアプレーポイントで決まるので、一気にフェアプレーポイントが有名になるかもしれません。

 

 

 

 

 

ちょっと強引ですが、これが学校のテストだとどうでしょうか。

 

テストの範囲などは、公開されますが、採点基準などは残念ながら広く公開されているとは言えない状況です。

 

愛知県の公立高校入試の採点基準も公開されていないので、中学の先生は、もしかしたら、この書き方ではバツになるかもしれないからと、生徒の為を思って、定期テストでは厳しめの採点基準で臨みます。

 

この厳しい採点基準ですが、毎年、生徒と先生の間での認識にギャップがあり、生徒はこれくらいは大丈夫だろうと考え、先生は、これを許したら甘くなるからと厳しめに考え、結果、テストの返却時に、「なんでこれがバツになるの~~!」という悲劇を生みます。

 

 

過去にも、漢字のとめ、はねなどよくある話から、歴史ででる人物の漢字の表記で、どれはOKでどれはNGか、そして、今回問題になった元素記号の文字の大きさなど。

 

 

例年、生徒への注意喚起のためか、1学期の中間、期末では厳しめの採点をされるケースが目立ちます。

 

また、残念ながら、先生によっても、テスト前にしっかり注意する先生と、さらっとしか注意しない先生と対応が統一されていないケースもあります。

 

 

注意した、していないといった水掛け論にならないためにも、範囲表を配る際に、あわせて注意すべき記述についてもプリントで配布してもらえると、こういった問題が起きないのではないかと思います。

 

 

私からも、生徒へは、せっかく解けた問題なのに書き方でバツになるのは悔しいだろうから、そうならないように注意するように心掛けたいと思います。

 

 

スポーツでは、ルール、規則、規約などが絶対です。

 

テストでも、採点基準はある意味絶対なので、知らなかった、伝えていなかったということが無いよう、先生も、生徒も、授業でしっかり確認して欲しいですね。

期末テスト復習講座の参加者募集中!

 

 

まだ、新中3~新中1まで、どの学年も空席があります!
今週は、日進西の中間テストです!

 


テスト復習講座では、セルモシステムを利用し、5教科のテスト範囲を好きなだけ学習できます! 

 

テスト結果を見て、何とかしなきゃと思ったあなた!

 

このブログの読者の皆様には、スペシャルな価格での期末テスト復習~夏期講習へのご招待をさせていただきます!

 

詳しくは、直接、以下のフォームからご質問、ご連絡くださいね!

 

通常の授業料は以下のとおりです。

中学生、90分✕週1回 9,700円/月 90分✕週2回 19,400円/月

小学生、60分✕週1回 6,500円/月 60分✕週2回 13,000円/月

 

オンライン英会話は、60分✕月4回で 10,000円/月

 

キッズプログラミングは、60分✕月3回で 6,500円/月

ロボットプログラミングは、90分✕月2回で 12,000円/月(別途教材費が必要)

 

そろばん教室「デジそろ」は、60分✕週1回 4,000円/月 60分✕週2回 6,500円/月

 

 

 
小学5年、小学6年の保護者の方は、今年度から学校での英語の内容が難しくなることが予想されます。

 

海外の英語絵本を使い、本物の英語を楽しく学べるリーディングファームは、そんなみなさんに最適な教材です!


体験授業も毎日受け付けています!(土日は、応相談)


お気軽にお電話でご予約ください!(LINE電話からだと無料ですよ!)

  

☎052-717-0394
お電話お待ちしてます!

友だち追加

 

セルモ日進西小学校前教室の口コミ一覧です!

 

生徒、保護者のリアルな声が投稿されています

 

こちらから、面談(体験授業)を申し込んで頂けると入塾後もれなくQuoカードがもらえます!

ご連絡、ご質問は、以下のフォームからお気軽にお問い合わせください。

 

 

頂いた個人情報は、回答以外には利用いたしません。

メモ: * は入力必須項目です

お問い合わせ

TEL: 052-717-0394

月曜日~金曜日
15:00~22:00

 

お問合わせはこちらから

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む