· 

わけがわかる中学社会

 

SNSで他の塾の先生がおすすめしてたりする本を見かけると、とりあえず購入するようにしています。

 

おかげで、本棚から本が溢れてしまっていますが、生徒たちに少しでも刺激になったり、理解のための手がかりになれば決して高くは無いかなと思っています。

 

そんな購入した本の中で久々の大当たりがこれです。

「わけがわかる中学社会」

 

なかなかインパクトのあるタイトルですね(笑)

 

日本語としては、??って感じですが、本の内容を上手に表しています。

 

 

この本で言う「わけ」は「理由」のこと。

 

 

中学で習う「地理」「歴史」「公民」には、それぞれ、覚えなければいけない言葉が数多く存在しますが、この本のように、理由を理解していれば、語句を覚えることがとても楽になります。

 

この本では、「地理」「歴史」「公民」にそれぞれ30問、合計90問の問題が掲載されています。

 

これらは、そのまま入試にでるというより、よく考えると、なぜなんだろう?って誰もが思いつきそうな疑問や、逆に、あまりその理由を考えたことがない事柄についての質問などが取り上げられています。

 

 

例えば

 

Q1.インドでICT産業が発達したのはなぜだろう?

 

という質問。

 

地理の教科書を見ると、インドについて結構詳しく説明されているので、興味を持って読んだ生徒であれば、すぐに答えがわかると思います。

 

しかし、語句を暗記しようとしているだけの生徒や、そもそも、地理に興味がなかったり、嫌いだったりする生徒にしてみたら、なぜ?って聞かれても、なかなか理由が思いつかないと思います。

 

それ以前に、インド=カレーぐらいの認識しか無いかも(笑)

 

 

そんな興味のない生徒たちに、なぜ?って問いかけをすることで、彼らなりに考えようとしてくれます。

 

 

インドって、どんな国だったっけ?

 

人口は多い?少ない?

 

何語を話すか知ってる?

 

カースト制度とか知ってる?

 

20☓20までの掛け算を覚えてるってホントかな?

 

ITの中心地アメリカと時差ってどれくらいあるのかな?

 

などなど、インドについての知識を問いかけしながら、いろいろ考えてもらうと、良いかと思います。

 

 

 

では、もう1問

 

Q2.日本より高緯度のヨーロッパで大部分が比較的温暖なのはなぜ?

 

 

ちなみに、ヨーロッパの隣に日本を書くと、こんな大きさ、こんな位置になります。

 

日本だと、冬に雪に覆われる東北、北海道ですが、同じ緯度で見ると、スペインとか南フランスあたりと同じ程度の緯度なんですよね。

 

フランス北部や、イギリス、オランダなどは、北海道より遥か北にあることが、地図を見るとわかります。

 

 

 こんなに北にあるのに、冬に、雪に覆われている映像ってあまり見たことないですよね。

 

東京と同じくらいの感覚で、寒いけど、雪はほとんど降りません。東京と同じで雪が降ったら都市機能が麻痺してしまいます。

 

 

 普通、北に行けば行くほど寒いはずなのに、なぜ、ヨーロッパは、そんなに寒くないのでしょうか。

 

 

これも、地球儀とかを見ながら、なんでもいいから答えを探してもらいます。

 

 

気温に関係するのは何があるだろうか。

 

ヨーロッパって、回りを何に囲まれているかな。

 

風は、どっちから吹くかな

 

などなど、こちらもヒントをだしながらですが、生徒たちに考えてもらいました。

 

 

 

こんな感じの問題が地理だけでも30問あります。

 

できる生徒なら、一人で読んで、一人で考えて、答えをみて、なるほど~ってOKですが、社会嫌いの生徒には、クイズ形式で楽しんでもらうほうがいいかもしれませんね。

 

 

けっこう、珍回答も出てきますが、それもまた記憶に残るネタになるし、そうやって苦労して考えた答えは、丸暗記と違って、長く記憶に残りますからね。

 

 

さすがに、地球儀見ながら、「イギリスどこだ~!」って延々探されたのには、参りましたが・・・

 

 

ワークや問題集で、重要な語句を覚えなさい!って、言うのは簡単ですが、覚えることができる子、できない子、そもそも、覚え方を知らない子、覚える気のない子、いろいろいます。

 

そんな生徒たちに、少しでも、面白い!って思ってもらえるよう、工夫するのが、伝える側の仕事かなと思っています。

 

歴史漫画もそうですね。

 

教科書だと理解しづらい歴史の流れが、マンガになることで、理解しやすくなります。

 

地理に関して、そういったわかりやすい道具がなかったので、この本は地理が苦手・嫌いな生徒にとっては、救いの手になるかもしれませんね!


ちなみに、答えは以下の通りです。

 

A1. 英語を話せる人が多く、アメリカなどのIT企業が多く進出したから。

 

アメリカが夜のときインドが昼間なので、電話のサポートや、プログラムの開発を交代でおこなうことができます。

また、インドは、英語が準公用語なので、アメリカとのやり取りも通訳がいりません。

数学のレベルが高い人が多くいるので、ITを多くの人が理解できます。

 

A2. 近くを暖流が流れ、その上を偏西風が吹いてくるから。

 

暖流の北大西洋海流が南からイギリスの上まで流れていましたね。

  

 

 

夏期講習の参加者募集中!

 

 

まだ、中2~中1は、空席があります!

中3生は、応相談です。本人の強い気持ちがあるようでしたら、できるだけご協力させていただきますので、一度、ご連絡いただければと思います。

 
夏期講習では、セルモシステムを利用し、5教科のテスト範囲を好きなだけ学習できます! 

 

通知表の結果を見て、何とかしなきゃと思ったあなた!

 

このブログの読者の皆様には、スペシャルな価格での夏期講習の通い放題コースへご招待をさせていただきます!

 

詳しくは、直接、以下のフォームからご質問、ご連絡くださいね!

 

通常の授業料は以下のとおりです。

中学生、90分✕週1回 9,700円/月 90分✕週2回 19,400円/月

小学生、60分✕週1回 6,500円/月 60分✕週2回 13,000円/月

 

オンライン英会話は、60分✕月4回で 10,000円/月

 

キッズプログラミングは、60分✕月3回で 6,500円/月

ロボットプログラミングは、90分✕月2回で 12,000円/月(別途教材費が必要)

 

そろばん教室「デジそろ」は、60分✕週1回 4,000円/月 60分✕週2回 6,500円/月

 

 

 
小学5年、小学6年の保護者の方は、今年度から学校での英語の内容が難しくなることが予想されます。

 

海外の英語絵本を使い、本物の英語を楽しく学べるリーディングファームは、そんなみなさんに最適な教材です!


体験授業も毎日受け付けています!(土日は、応相談)


お気軽にお電話でご予約ください!(LINE電話からだと無料ですよ!)

  

☎052-717-0394
お電話お待ちしてます!

友だち追加

 

セルモ日進西小学校前教室の口コミ一覧です!

 

生徒、保護者のリアルな声が投稿されています

 

こちらから、面談(体験授業)を申し込んで頂けると入塾後もれなくQuoカードがもらえます!

ご連絡、ご質問は、以下のフォームからお気軽にお問い合わせください。

 

 

頂いた個人情報は、回答以外には利用いたしません。

メモ: * は入力必須項目です

お問い合わせ

TEL: 052-717-0394

月曜日~金曜日
15:00~22:00

 

お問合わせはこちらから

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む