· 

高校生の指導方法をさらにより良いものに!

セルモでは、当塾の卒塾生のみに限定して、高校生の指導を行っています。

 

 

 

卒塾生に限定しているのは、中学時代の勉強のクセや、理解度、本人の性格、なにより目標をどこにおいているかをしっかり把握出来ているので、目標に合わせた指導ができるからです。

 

 

塾での勉強は、通常の授業では予習を行っています。

 

授業といっても、基本は学校で使っている教科書や、ワークを使って、この先の授業でどんな内容をやるのかがわかればOKのレベルとしています。

 

中学の頃とちがって、高校の授業進度が早いので、生徒たちはおいて行かれないように必死でついていってもらっています。

 

商業高校生だと、簿記の授業が一番多く、進度も早いので、予習をしてあってもあっという間に追いつかれてしまいますね。

 

普通科の生徒で、授業が早いのはやはり数学です。

中学と違い、数1、数Aと2種類に分かれて同時並行で進むので大変です。

 

 

 

そして、当塾の一番の特徴は、簿記などの商業科目も含む高校生の全教科を私一人で教えていることです。

 

私自身、塾業界の経験がなかったので、塾の先生は、全教科が教えられるのが当たり前だと思っていたので、開校当初の卒塾生が高校に上がった時、塾で生徒と一緒に勉強を行なっていました。

 

30年ほど前に、社会人になってから、社内の学校を目指し、猛勉強したときの記憶や、その学校での勉強内容が不思議と記憶に残っていて、数学や物理などは、懐かしさを感じながら、思い出しつつ、勉強を進めていきました。

 

また、商業高校に進んだ生徒からは、やはり簿記の質問が多かったのですが、簿記は、40歳を過ぎてから、当時勤めていた会社命令で独学で勉強して取得していたこともあったので、こちらも、思い出しつつ、勉強しましたね。

 

 

そうやって2~3年高校生と一緒に勉強させてもらったおかげで、今は、ほとんどの教科の質問に回答できるようになりました。

 

 

こうやって高校生を一人の先生が見てるって、生徒にとっては、何を聞いても大丈夫っていう安心感があるようで、生徒からは喜ばれています。

 

ただ、私の実力がそのまま、生徒の上限になってしまう部分もあり、今の高2の生徒がかなりレベルの高いクラスにいることもあって、そろそろなんとか次の手を考えないと行けないなと考えいたところです。

 

 

 

 

そして、昨日、オンラインセミナーに参加し、私一人で教えるメリットはそのままに、私の実力や時間の上限を簡単に超えることができる素晴らしいアイデアを見つけることが出来ました!

 

 

これについては、まだまだ詰めなきゃいけないことが多いのですが、このアイデアであれば、来年以降の高校生が何人残ってくれても、しっかりと対応してあげることができそうですし、目指しているハイレベルな高校に入った後も、しっかり指導してあげられそうです。

 

 

 

そして、テスト勉強では、本当に毎日、全教科のテストについて、質問が来るので毎日が大変でしたが、その分、生徒たちも本当に頑張ってくれました。

 

 

特に、女子が苦手な物理は、授業を聞いていても全くわからないとお手上げ状態だったにもかかわらず、週末の時間などを利用して、じっくり、丁寧に説明して、何度も問題を解いてもらったら、テスト前には、随分と理解が進み、これはいけるかも!って思えるぐらいになってくれました。

 

結果、ふたりとも、物理は、予想以上にできて、(一人はクラス2位!)大喜び!

 

こんな、丁寧な指導ができるのも、卒塾生に限るとして、少人数で、生徒のことを理解しているからこそできるのだなと思っています。

 

 

 

ただ、このテスト対策も、中学生と重なると、私の体が一つしか無いという問題が・・・

 

 

こちらについても、先程の、オンラインセミナーで見つけたアイデアで、うまく乗り越えられそうです。

 

 

費用などの詳細は、これから詰めていきますが、期末テストの対策からは、使えるようにしたいと考えています!

ご連絡、ご質問は、以下のフォームからお気軽にお問い合わせください。

 

 

頂いた個人情報は、回答以外には利用いたしません。

メモ: * は入力必須項目です

お問い合わせ

TEL: 052-717-0394

月曜日~金曜日
15:00~22:00

 

お問合わせはこちらから

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む