· 

愛知県公立高校の定員減の高校一覧

今朝の新聞に、来年度の公立高校の定員が掲載されています。

 

 

正式な発表はこちらを参照ください

 

新聞の見出しは「全日制来春募集720人減」とありますが、愛知県の発表原稿を読むと、あくまで県立高校の数字のみで720人減だということがわかりました。

 

名古屋市立高校の数字を入れた全体ではこうなります。

 

愛知県立高校  760人減(19クラス減) +40人増(1クラス増)

名古屋市立高校  40人減(1クラス減)
合計                 760人減(19クラス減)

 

ただし、この定員減は、少子化に伴う、中3生人口の減少数(1,258人減)を元に、公立:私立を2:1の割合で按分し、進学率93%として計算された数字です。

 

つまり、定員は減っているけど、受験者も同じ割合で減っているので、全体の倍率は昨年とほぼ同じとなります。

 

とは言え自分が志望する学校の定員が昨年より減っていると、高校単体の倍率が変動するので、注意が必要です。

 

 

定員が減った学校は以下の通りです。(全て1クラス40人の定員減)

 

 

 

Aグループ

 

 

 

 

 尾張1群

  • 半田東

 尾張2群

  • 長久手
  • 稲沢東

 三河群

  • 岡崎西

 

 

 

 

 専門学科

  • 名南工業 機械
  • 稲沢 園芸
  • 岡崎商業 総合ビジネス
  • 知立 総合(2クラス減)

 

 

 

*クラス増加

 三河群

  • 国府 (1クラス増)

Bグループ

尾張共通

  • 春日井東
  • 木曽川
  • 武豊

 尾張1群

  • 名古屋西

 

 尾張2群

  • 津島東

 

 三河群

  • 岡崎北
  • 蒲郡東
  • 新城有教館 

    (新城、新城東と統合、1クラス減)

 

  専門学科

  • 東海商業 情報

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

地域的、群、グループとも、まんべんなく色々な高校で定員が減少されています。

 

 

日進市のある尾張東部で、生徒たちがよく選ぶ進学先だと、名古屋西高校、緑高校あたりが該当しますね。

 

昨年は、中村高校が1クラス減ったのにもかかわらず松蔭高校の影響で人気が上がって、高い倍率になりました。

 

今年は、やはり人気が復活しつつある名古屋西高校の定員減が、倍率にどう影響するのかを注目したいと思います。

 

 

新聞情報では、どの高校が定員が減ったのかわからないので、上記を参考にして、自分で確認しておきましょう。

 

セルモ日進西小学校前教室の口コミ一覧です!

 

生徒、保護者のリアルな声が投稿されていますので、ぜひご一読ください!

ご連絡、ご質問は、以下のフォームからお気軽にお問い合わせください。

 

 

頂いた個人情報は、回答以外には利用いたしません。

メモ: * は入力必須項目です

お問い合わせ

TEL: 052-717-0394

月曜日~金曜日
15:00~22:00

 

お問合わせはこちらから

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む

2019年

4月

12日

高校2年生たち

続きを読む

2019年

4月

08日

高校の入学式

続きを読む

2019年

4月

07日

部活動の見直し

続きを読む

2019年

4月

06日

プロの指導

続きを読む

2019年

4月

01日

125代の天皇の歴史

続きを読む

2019年

3月

21日

イチローの思い出

続きを読む

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む

2019年

4月

12日

高校2年生たち

続きを読む

2019年

4月

08日

高校の入学式

続きを読む

2019年

4月

07日

部活動の見直し

続きを読む

2019年

4月

06日

プロの指導

続きを読む

2019年

4月

01日

125代の天皇の歴史

続きを読む

2019年

3月

21日

イチローの思い出

続きを読む