· 

検査ロボット

今日は、ロボットプログラミング教室のみ行いました。

 

都合でお休みしていた生徒が、今日から復帰です!

 

お母さんが、子どもが久しぶりに先生に会えるの楽しみにしてたんですよ~って言うのを聞いて、照れてましたね。

久々でしたが、ロボットの組み立ては、サクサクと進み、あっという間に検査ロボットの完成です。

 

プログラミングでは、実際に工場の現場での作業のように、まず、センサーの値のばらつきを調べます。

 

赤外線フォトリフレクタは、色の違いを数値で表現してくれますが、白は50!とかのような決まった値は無く、環境によってセンサーの値が変化するので、まずは、それをチェックしていきます。

 

 

検査台に何もない時の値も、18~19前後に揺れるので、その値の範囲もチェックしておきます。

 

白ブロックを置くと、赤外線の跳ね返りが大きくなり、センサーの値も50近くまであがります。

 

逆に黒ブロックでは値が10近くまで下ります。

 

この値の変化を確認し、もし~なら というブロック(IF文)を使って白黒の振り分けのプログラミングをしてもらいます。

 

 

この作業が、ロボットプログラミング教室の良いところだと思っています。

 

決められたプログラミングをするだけだと上手く動かないことが多いので、なぜそうなるか、値の変化をどう利用するか、上手く動かないときはどうしたらいいかをしっかり考える時間が作れますからね。

 

 

テキストを参考にプログラミングを完成させましたが、最初は、何も載せいていないのに、ロボットが動いてしまいました。

 

センサーの値がふらついていたので、少し値に余裕をもたせたら安定しました。

 

このあたりの作業も、完全に工場の技術者の思考ですからね。

上手く振り分けができるようになりました!

 

今日の生徒は、お休みをしてる間に、なんだか、ひとまわり大きく成長していた感じでした。


これからも頑張って、一緒にロボットを作っていきたいですね!

キッズプログラミング教室、ロボット・プログラミング教室、ともに塾生を随時募集しております。

 

体験は、毎週土曜日の午後に行っております。

 

キッズプログラミング教室は、ゲーム作成を通じてプログラミングの楽しさを学んでもらえます。

 

ロボット・プログラミング教室は、リアルなロボットを、自分の命令で動かすという楽しさ、自由な発想で改造する楽しさを通じて、ロボットの仕組みなども理解いただけます。

 

ともに1時間ほどお時間をいただければと思います。

小学生プログラミング教室に関する記事はこちら

はじめてPCを手にした感動を、次の世代に

マイクラでプログラミング

自作PCキットが届きました~

小学生プログラミング教室

プログラミングを経験するということ

 

自作PCによるゲームプログラミング教室

 


お気軽にお電話でご連絡ください(LINE電話からだと無料ですよ)

☎052-717-0394
お電話お待ちしてます!

 

友だち追加

 

 

ご連絡、ご質問は、以下のフォームからお気軽にお問い合わせください。

 

頂いた個人情報は、回答以外には利用いたしません。

メモ: * は入力必須項目です

お問い合わせ

TEL: 052-717-0394

月曜日~金曜日
15:00~22:00

 

お問合わせはこちらから

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む