· 

反射神経ゲーム

毎週土曜日は、プログラミング教室です。

 

キッズ・プログラミング教室では、小学生が、オリジナルのゲームをプログラミングで作ることを通して、想像力、思考力、表現力を鍛えてもらっています。

 

ロボット・プログラミング教室では、コンピューターの中で閉じた世界ではなく、現実のロボットを自分で作ったプログラミングでコントロールすることで、ロボットなんて簡単!って感じてもらうことが狙いの一つです。

 

これから訪れる人工知能やロボットが大活躍する社会で、仕組みを知らず、「ロボットに使われる人になる」のか、プログラミングの体験を通して、ロボットなんて簡単に使えると考え、「ロボットを使いこなす人になる」のか、大きく分かれていくと思います。

 


今日は、キッズ・プログラミング教室で作ってもらったゲームの紹介です。

 

今日は、画面に表示された数字を素早く入力する「反射神経ゲーム」作成の初回です。

 

 

提示されたゲームの仕様書と、実際に動く動画をみて、同じゲームを自分のやり方でプログラミングしてもらいます。

 

どうやってコーディングしたら、その仕様書通りに動くかを考えて、トライし、上手く動かなかったら修正しの繰り返し、いわゆるトライ・アンド・エラーの中で、自分で作る喜びを感じてもらいます。

 

 

今回新しく提示された仕様は以下の通り。

 

【スタートボンをクリックしたら 】

・「ようい」「スタート」の合図が、順番に表示される。

・その後、0から 9の数字をひとつをランダムに選んで出題する。

・「スタート」の合図から、数字を出題するまでの間隔もランダムに決まる。

・数字を出題したタイミングで、タイマーの計測を始める 。

 

【数字を出題したら 】

・出題された数字と押したキーの数字が同じだった場合、キーが押されるまでのタイムを発表する。

・出題の数字とキーが異なる場合、「まちがい!」というセリフを表示する。

 

前半のランダムな間隔で数字を表示するまでは、サクサクと作成できました。

 

タイマーもあまり使ったことが無かったので、画面に表示させながら、リセットするタイミング(計測スタートのタイミング)をどこにすべきかをトライ&エラーで検証しながら実装できました。

 

ただ、後半の正誤判定の部分で、出題した数字を「変数」に入れておくというのに気づけなかったので苦労してましたね。

 

20分ぐらい悩んだ後、ヒントのビデオをみて、「な~~んだ!」で解決(笑)

 

サクッと、形にしてくれました

 

 

なぜか、木の下で問題を提示するなぞの女性(笑)

 

今回は、1回である程度形にしてくれました。

 

次回は、スコアや、ハイスコア、繰り返しなどを追加して、ゲームをより面白くしたいですね。

キッズプログラミング教室、ロボット・プログラミング教室、ともに塾生を随時募集しております。

 

体験は、毎週土曜日の午後に行っております。

 

キッズプログラミング教室は、ゲーム作成を通じてプログラミングの楽しさを学んでもらえます。

 

ロボット・プログラミング教室は、リアルなロボットを、自分の命令で動かすという楽しさ、自由な発想で改造する楽しさを通じて、ロボットの仕組みなども理解いただけます。

 

ともに1時間ほどお時間をいただければと思います。

小学生プログラミング教室に関する記事はこちら

はじめてPCを手にした感動を、次の世代に

マイクラでプログラミング

自作PCキットが届きました~

小学生プログラミング教室

プログラミングを経験するということ

 

自作PCによるゲームプログラミング教室

 


お気軽にお電話でご連絡ください(LINE電話からだと無料ですよ)

☎052-717-0394
お電話お待ちしてます!

 

友だち追加

セルモ日進西小学校前教室の口コミ一覧です!

 

生徒、保護者のリアルな声が投稿されています

 

こちらから、面談(体験もOK)を申し込んで頂けると入塾後もれなくQuoカードがもらえます!

ご連絡、ご質問は、以下のフォームからお気軽にお問い合わせください。

 

 

頂いた個人情報は、回答以外には利用いたしません。

メモ: * は入力必須項目です

お問い合わせ

TEL: 052-717-0394

月曜日~金曜日
15:00~22:00

 

お問合わせはこちらから

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む