· 

爆弾をとめろ!Part2

毎週土曜日は、プログラミング教室です。

 

キッズ・プログラミング教室では、小学生が、オリジナルのゲームをプログラミングで作ることを通して、想像力、思考力、表現力を鍛えてもらっています。

 

ロボット・プログラミング教室では、コンピューターの中で閉じた世界ではなく、現実のロボットを自分で作ったプログラミングでコントロールすることで、ロボットなんて簡単!って感じてもらうことが狙いの一つです。

 

これから訪れる人工知能やロボットが大活躍する社会で、仕組みを知らず、「ロボットに使われる人になる」のか、プログラミングの体験を通して、ロボットなんて簡単に使えると考え、「ロボットを使いこなす人になる」のか、大きく分かれていくと思います。

 


今日は、キッズ・プログラミング教室の生徒の作品をご紹介いたします。

今日は、プログラミングドリルのNo.6 「爆弾をとめろ」の2回目でした。

 

 

プログラミングドリルでは、過去に学んだScratchのテクニックを使って、仕様書で提示された内容をどう実現するかをしっかり考えて作ってもらいます。

 

 

どうやってコーディングしたら、その仕様書通りに動くかを考えて、トライし、上手く動かなかったら修正しの繰り返し、いわゆるトライ・アンド・エラーの中で、自分で作る喜びを感じてもらいます。

 

「爆弾をとめろ」の2回目は、前回時間切れでロジックがおかしかった部分の修正からです。

 

 

なぜか、1問正解するだけでクリア!になってしまっていたのを、スクリプトをにらめっこしながら悩んでもらいます。

 

 

いろいろ悩んだあげく、HELPの依頼があったので、二人でロジックを確認してみると・・・・

 

 

正解のとき、正解数を保持する変数を1増加させる部分が独立していて、いつまでもループしてしまい、あっさり10点を超えてしまっていました。

 

 

こういったロジックの間違いって、大人でもなかなか気づきづらいですからね。

 

 

そこさえ修正してしまえば、他のロジックは完璧!

 

あっさり完成してしまったので、残りの時間は、改造モードへ。

 

 

デバックのとき、足し算が難しすぎると検証ができないから、1桁同士の足し算にして確認していたので、「難易度調整つけてみたら?」と提案。

 

簡単、普通、難しいの3種類から選んでゲームができるようになりました!

 

ビデオは難易度調整が入る前のバージョンでしたね。

 

 

こんなふうに、ふと浮かんだアイデアを簡単に機能として組み込めるようになってくれています。

 

こういった、アイデアを形にするという能力が、これからのAI時代に必要とされる能力なんだろうなと思っています。

キッズプログラミング教室、ロボット・プログラミング教室、ともに塾生を随時募集しております。

 

体験は、毎週土曜日の午後に行っております。

 

キッズプログラミング教室は、ゲーム作成を通じてプログラミングの楽しさを学んでもらえます。

 

ロボット・プログラミング教室は、リアルなロボットを、自分の命令で動かすという楽しさ、自由な発想で改造する楽しさを通じて、ロボットの仕組みなども理解いただけます。

 

ともに1時間ほどお時間をいただければと思います。

小学生プログラミング教室に関する記事はこちら

はじめてPCを手にした感動を、次の世代に

 

マイクラでプログラミング

自作PCキットが届きました~

小学生プログラミング教室

プログラミングを経験するということ

 

自作PCによるゲームプログラミング教室

 


お気軽にお電話でご連絡ください(LINE電話からだと無料ですよ)

☎052-717-0394
お電話お待ちしてます!

 

友だち追加

セルモ日進西小学校前教室の口コミ一覧です!

 

生徒、保護者のリアルな声が投稿されています

 

こちらから、面談(体験もOK)を申し込んで頂けると入塾後もれなくQuoカードがもらえます!

ご連絡、ご質問は、以下のフォームからお気軽にお問い合わせください。

 

 

頂いた個人情報は、回答以外には利用いたしません。

メモ: * は入力必須項目です

お問い合わせ

TEL: 052-717-0394

月曜日~金曜日
15:00~22:00

 

お問合わせはこちらから

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む

2019年

4月

28日

高校の英文法

続きを読む

2019年

4月

22日

一票の重み

続きを読む